ミテキタ☆LA LA LAND


スポンサーリンク


期待しすぎた。し過ぎたために必要以上に楽しめなかった。

なぜか、ストーリー全体から夢を追わなかった人のひがみ?慰め?みたいなのを感じた。
期待していた盛り上がり音楽も、最初のほうにさらっとでてきて盛り上がりどころがずれている気がした。
私の中でミュージカル映画といえば、「雨に唄えば」だけど。名作中の名作と比べてはだめなのか。タイプが違うのかもしれないけれど、素直に楽しいと思える曲が少なかった。

でもアカデミー賞最多ノミネートってうたってたからさ~。
チラシの煽り文句で勝手に期待しすぎて、実際にみたら雑な部分が目立って集中できなかった舞台のような感じ。(もちろん、映画雑ではなかったけど)

音楽は、ずっと聞いていたら好きになるかも。曲が好きになったころにもう一度みたら楽しいかも。
あと、終盤に別れをたどったヒロインたちが再会し、もし別れなければこんな人生もあったのかもと想像するシーンがでてくる。その想像をみせる演出はとても素敵だったな。

しかし全体的に期待しすぎてしまった。

とにかくすごい!●●賞受賞みたいな他人からの評価だけで、売り出すのは期待を上げ過ぎてしまってよくないなと思った。どうすごいのか、具体的なこともあわせて伝えないと、全く違う方向に期待させてしまうかもしれない。
芝居のうたい文句も気をつけよう。
スポンサードリンク

この記事へのコメント