散歩する侵略者


スポンサーリンク


レイトショーで、散歩する侵略者をみてきた。

以前は、遅い時間ならほぼOKだったけど、最近朝が早い。遅すぎるレイトショーは休日前でないと行けないね。

大学の後輩がやっていた舞台をみていたので、なんとなくのあらすじは知っていたけど、ちょっとだけグロいシーンがあって、映像でみる辛さがちょびっとあったわ。



印象に残ったのは、長谷川博己氏演じるジャーナリストが、駐車場で周りにいる市民に叫ぶシーン。


信じられないかもしれないけれど、今から、宇宙人が侵略にきます。信じるか、どうするかはあなた次第です。


細かいセリフは忘れたけれどこのようなことを叫ぶ。でも周りにいる人はシラーっとしていて、桜井の叫びも尻すぼみになり、「言うことは言ったから」と終えてしまう。

今の情勢もあるのだろうね。私はこれが、「信じられないかもしれないけれど、もうすぐ戦争が起きるんだよ」て言われているように感じた。そして目の前でそんなこと言われたとしても、自分はきっと何もしないのだろうな、と。
3.11のあと2-3年は何をみても作品から原発や地震を読み取ってしまう時期があったように、今は戦争を読み取ってしまう。



スポンサードリンク

この記事へのコメント