そめごころの稽古場より。



そめごころの今公演に制作メンバーの一人として参加してます。

毎週稽古場に通って、久々に演劇をつくってる!という感覚。
懐かしくて楽しいです。

そめごころとの出会いは3年ちょっと前かしら?甘棠館でみたDeath Discoという作品がすごく面白くて。
思い返せば野田さんに多大に影響をうけた作品だったと思うけど、ちょっとショックを受けたんです。

それからいくつかの劇団と仕事をすることがあったけど、特に創作の姿勢が好きで、今回参加させてもらうに至りました。
石田くんたちと、日々の感覚や考えを身体でやってみる、作り出す作業はとっても面白い。制作なのに、一緒に身体動かしてます。

稽古場にいて、演出するってこういうことなのかしら?とぼんやりと身に染みてくるようになりました。
学生のときは、演技を部分的にしか捉えられずようわからないまま稽古してたけど、ようやく(!笑)

今回は、11/10-12に野田さんの「オイル」をやります。荒く言うと戦中日本のお話。
石田くん曰く、テーマは「未来へのリハーサル」だそうで。
その時代に起きていたことを想像しながら、これから起きるかもしれない世界を話し合いながら稽古をしています。
10年ちょっと前に書かれた戯曲を、今年上演することに、今の自分たちのココロとカラダで演じることにとっても大きな意義がある気がしていて、稽古場が、劇場が、世界と繋がっていると思います。私はこの作品を通していろんな人と一緒に、世界を見てみたい。

そうこうしてるうちに、本番まであと2週間。もうすぐなのに、予約数にビビるビビる。
がんばらねばー!!

そめごころ次回公演「オイル」
11/10-11/12@北九州芸術劇場 創造工房
予約
サイト

IMG_20171022_180213.jpg

この記事へのコメント