FLY AGAIN


スポンサーリンク


博多座「FLY AGAIN」終了しました。

1533825826445.jpg
ご来場くださった皆様、応援くださった皆様、出演者・関係の皆様ありがとうございました。
まとめを書くと夢の時間がおわっちゃうようで、一週間あまり言葉にできませんでした。

この作品に励まされて、舞台袖や裏で何度も泣いてた私ですけど、見に来てくれた友人からも「感激して帰宅してからめっちゃ泣いた」「諦めない!!」と感想をもらい、何かすごいパワーのある作品になったのかなあとじーんとしてました。

博多座の舞台の上にいた時間は本当に幸せで、この瞬間のために生きてきんだ。と素直にそう思っています。
もう、あとの人生どうなってもいい。

どうなってもいいからこれからは、保身に走らず、振り切って、ぶっ飛んで生きていきます。

1533741886175.jpg

正直、芝居やってるっていうのが恥ずかしい時があります。夢追ってるんでしょ、と笑われているような空気を感じることもよくあります。
でもここは、まっすぐに努力することが誰からも笑われない場所。
右も左もわからない子どもたち、野心たぎらせる若者たち、コンドルズ大好きなお姉さまたち。経験も経歴もばらばらだけど、自らオーディションをうけて出たいと思い行動した人しかいない舞台。そういう場所に身をおけたことで、まっすぐ生きていこうと思えました。
そう思わせてくれた他の137人の出演者と、関係者に感謝です。

1532870847378.jpg
いや、しかし138人出演て…。呆れるほど多いな。

映像をみてもこの大人数で踊っているの、めちゃめちゃすごい。
すごいけど、馬鹿なことしてんなあと笑えてくる!

しかも拓郎さん振付の超激しいダンス。
よくやらせてくれました。

私が企画者だったら、市民参加の舞台で全員で踊る曲で、こんな激しいダンスは採用しないと思う。できないよ、こんな動き。
稽古が始まった頃「楽しい動きを研究してるんだ~♪」と嬉しそうに話す拓郎さんをみても、ついていけなくてとってもつらいと思ってました。
そもそも拓郎さんの振り付けで踊ると思っていなかったから最初は驚愕。唖然。阿鼻叫喚。

「やるの?これ?本気で?」

だからみんなで本当に頑張って、踊れるようになって、最後までこの138人で走りきれたということが本当に嬉しい。

ちょっと真似したくらいじゃ全然できないし、そもそも人数多すぎて振りが見えないし(笑
大人になって、こんなにできないことを続けるってないですよ。
しかもできないことって、できるようになるまでは練習している時間もずっとできない。最初は一人だったし、そのできなさと向き合う時間がつらくてつらくて。でも、ういちゃんをはじめみんなに教えてもらい、できるようになっていくとやっぱり楽しい。身体もどんどん鍛えらえれてきて目に見える変化があると、それまでの努力が自信になる。

取り組めば、できることがたくさんある。

頑張るって楽しいことだったんだな~。と久々に思い出しました。すっかり忘れてましたよ。


公演は終わったけれど、こっからが私の人生のスタートなんだと思います。
頑張るぞ!!

1533741997943.jpg
スポンサードリンク

この記事へのコメント