演劇ユニットそめごころ「スクリーン」



所属している演劇ユニットそめごころの公演「スクリーン」が明日6/7から始まります。

IMG_20190606_200542.jpg

昨年秋の「劇場のすゝめ」から半年以上ぶりの自主公演。
ここにたどり着くまで何度もそめごころのメンバーと話をし、迷いと決断があって、嬉しいこともありようやく今日ゲネまでこぎつけました。

私とかとまりが福岡を離れたこともあり、運営面でも試行錯誤の繰り返し。

間にはワークショップなどの企画もはさみつつ明日、初日を迎えます。

昨年4人で演じた初演から、一人芝居になったことでより狂っていきそうになる恐怖が増し、音の演奏が入ることで不安感が増した気がします。

そめごころの芝居は、場所と一緒につくられることが多く、今回もart space tetraの建物とそのまわりのお店や道路とともに作品かも完成しています。
冷泉荘とはまた違う空気のものです。

IMG_20190605_193827.jpg

これからが本番だけど、まずはゲネまでこれたことに安堵する気持ちもあります。
本番は見届けられないけれど、ぎりぎりまで頑張り、インド行きの飛行機から成功を祈っています。

「スクリーン」
作・演出 石田聖也
出演 馬場修平(陰湿集団)
音 hotaka
6.7(金)19:30
6.8(土)19:30
6.9(日)19:30 

開演後は途中入場できません。

土日はG20が福岡で開催されるため交通規制により道路が混む可能性があります。

余裕を持ってご来場ください。

予約
http://ws.formzu.net/fgen/S21306636/

詳細
https://somegokoro.wixsite.com/somegokoro

IMG_20190605_083405.jpgIMG_20190605_083408.jpg

この記事へのコメント