猿の定時出社



インドと言えば牛。
でもリシケシの街は、猿も多い。
道端にも学校にも普通に出没する。
IMG_20190614_155047.jpg
食堂(と言っても屋根がついてるだけのほぼ屋外)で勉強してたら、16時になったら猿が出るから気をつけてね。と警告を受ける。

先月は襲われた生徒がいるらしい。

16時半の授業開始までまだ少しある。
多少は大丈夫だろうとたかをくくっていた16時ちょうど。

ドスンと、大きな音がして小猿2匹登場。
しかも部屋への道に居座る。

そんなオンタイムに来ないでくれよ。

一人だし、さっき襲われた話を聞いたばかりだからほんとに怖い。(いつまでも居座ってた自分が悪いけど)

結局裏道から逃げたけど、夕方になるとこのヨガ学校は毎日モンキー天国。大量の猿が食堂のトタン屋根の上をウロチョロしている。
ベランダに大猿がきても、窓を開けたまま平気で授業しちゃってるし。先生の目には、尻尾を美しく立てて歩くあの大猿がうつらないのだろうか。

これを野生動物との共存と呼ぶのだろうか。
ここの街では猿たちが、一昔前の日本の野良犬、野良猫以上に息づいている。

この記事へのコメント