椅子に座らないインドのヨガ生活


スポンサーリンク


インドにきてほとんど椅子に座っていない。
食事のときくらいかな。

1日のうち1時間半いくかどうか。

春まで8時間のオフィスワークをしていたので、椅子に座らない生活がなんとも奇妙に感じる。

座学の授業は、床に座布団を敷いて基本あぐら。
でも長時間、あぐらをキープすると膝が痛くなっちゃうから伸ばしたり、寝転んだりしながら受けている。

ヨガではあぐらがいいと教えられているけど、だんどん膝の痛みが激強くなってきてきる。本当にこんなポーズが身体にいいんだろうか、という疑念が晴れない。

IMG_20190620_154501~2.jpg
(座学のあとのホール。ホワイトボードを取り囲むように座布団が残る)

寝転んで授業を受けるなんて、日本じゃ信じられないけど、皆それぞれ楽なポーズでリラックスしてうけている。

この教室の穏やかな空気は、椅子と机で姿勢をかためられていたら生まれないだろうな。
スポンサードリンク

この記事へのコメント