終戦記念日にオイルを上演


スポンサーリンク


8月9日、長崎原爆の日の朝。

昨日は、そめごころ「オイル」の通し稽古だった。
2年前にも上演した野田秀樹さんのこの作品。
今年は8月15日の終戦記念日に上演をする。


今回は制作スタッフとして参加。

7月から毎週福岡に通い、稽古にきている。
戦争とはそういうもんだ、と見てこなかった自分の感情が「あれ?オカシイのかな?」と思ったり。
最近の悲惨な事件に対する自分の気持ちの沸き起こり方、被害者、加害者の気持ちの見え方が少し違ってみえたり。
昨日の通し稽古でも、恨んだり、諦めたり、助けを求めたり、受け流したり。憧れや優越感、劣等感までもいろんなものが湧き上がってくる

原爆が大きなテーマになっているけれど、今を生きる私たちのための作品だなぁとつくづく思う。


多くの人とこの作品を共有したいです。
どうぞみにきてください。

演劇ユニットそめごころ「オイル」(演劇)
8月15日14時上演
福岡市立中央市民センター

予約→

詳細→


スポンサードリンク

この記事へのコメント