インドヨガ留学費用 全米ヨガアライアンス認定校でRYT200コースを修了するのにこれだけお金かかる!


スポンサーリンク


2019年6月にインドのリシケシという町で1か月のヨガ留学をしました。
全米ヨガアライアンス認定校でRYT200のコースを受けて、実際にかかった費用を紹介します。

IMG_20190706_185612.jpg
留学の斡旋をしてくれる代理店を使うかどうかで大きく異なります。
代理店を通さず直接学校に申し込みをする場合、学校に支払ったお金は約20万円。
代理店を通した場合は、デリーからの空港送迎と出入国日前後の宿泊がついて約36万円でした(日本からの航空券代は別)。
依頼する代理店や、申し込む学校によって差はあると思いますが、私は約16万円の差額を観光や滞在延長の予算に回したかったので、インターネットから直接申込をしました。

費用の内訳

大きくかかったのは、このあたりの費用です。

予防接種
旅行保険
ビザ
移動費
受講料
準備物
宿泊費
滞在費(飲食、観光、お土産、その他)

早速内訳をみていきましょう。

予防接種 41,000円
予防接種は全額時費負担です。1か月程度なら受けない人もいると思いますが、私は昔から蚊にさされやすいため、また現地で体調を崩したときのお守りとして受けました。
A型肝炎、腸チフス、麻疹の3種で41,000円でした。

旅行保険 18,000円
三井住友海上の保険を申し込みました。
クレジットカード付帯のものもあるけど、補償内容に不安があったので追加で申し込みました。

ビザ 2,750円
E-visaでの申請で25USDでした。
東京、大阪の大使館でも申請できるけど遠いので、E-visaでのツーリストビザの申請が一番割安でした。

移動費 79,143円
内訳は以下の通りです。

 日本国内移動
  自宅から空港まで(バス往復) 2,500円 
 日本ーインド
  福岡空港ーデリー空港(飛行機往復) 59,500円
 インド国内移動
  デリー空港→デヘラドゥーン空港(飛行機) 5,593円(3290ルピー)
  デヘラドゥーン空港→学校(タクシー) 2,200円(20USD)
  学校→デリー(タクシー) 6,800円(4000ルピー)
  デリー→デリー空港(タクシー)850円(500ルピー)
  デリー市内移動 1,700円(約1,000ルピー)

インドへの航空券は3か月前に購入して約6万円。割と安く購入できたほうだと思います。
時期や、使う空港によっては高いこともあるし、もっと安く4万円以下ででていることもあります。
デリーから少し離れたリシケシという町の学校を選んだためインド国内での移動費用がかかりました。デヘラドゥーン空港から学校までのタクシーは学校手配、リシケシの学校からデリーまでのタクシーは友人が手配したタクシーに乗り合いさせてもらいました。もう少し安い方法もあったかもしれませんが、自分が安心して移動できる方法をとりました。

受講料 199,100円(1810USD)
授業料、寮の宿泊費、食費(毎日3食)全部含めて、学校に支払ったお金は1,810USDでした。
このうち100USDはエアコン付きの部屋を選択したためのオプション料金です。
3か月前に申し込んだので早割りで200USDくらい割引がきいてこの金額。
年度によって変動があるみたいで、今年はもう少し安いみたいです。

準備物 18,000円
ヨガ留学に向けて日本で購入したものです。

・ヨガウェア 10,000円
それまでヨガをほぼしたことがなかったため、ヨガウェアがなく、GUで3着分買いました。

・常備薬、虫よけスプレー、旅行グッズ 8,000円
なるべく持っているもので済まそうとしましたが、薬、電源アダプターや除菌用品、旅行用の靴など、こまごまとしたものを購入していって思いのほか高くなってしまいました。

宿泊費 9,850円
リシケシ1泊2,200円(20USD)
デリー 3泊7,650円(4500ルピー)
学校が始まるよりも1日早く着いたので、寮に1泊多く泊めてもらい20USD、デリーには帰国前に3泊して観光をしました。
今、考えるとリシケシの寮が1泊20USDなんて、とっても高い気がします。

滞在費(飲食、観光、お土産、その他) 53,108円
人によってかなり変動するところだと思うので、参考程度にご紹介します。

・食事 10,200円
学校に通っている間は、寮で食事がでたのでほとんどかかりませんでした。クラスメイトとお茶にいったり、カレーに飽きたときに外食するくらい。
デリーでの数日の滞在や移動中の空港で食べたものが半分くらいです。
屋台で安く済まそうと思えばここまでかからなかったのだろうけど、おなかの具合が心配だったので、レストランやカフェを多く利用しました。

・観光 10,200円
博物館にいったり、ボリウッドで舞台をみたり、マッサージしてもらったりにかかったお金です。

・お土産 30,800円
自分用だったり、友人・家族に向けてのお土産です。
高価なものはほとんど買わず、楽器、化粧品、雑貨、本、服などこまごましたものを中心に購入しました。

・電話 2,108円(1240ルピー)
街中でSIMカードを購入、アクティベートまでしてもらい、最初28日で990ルピー。途中で期限が切れてしまったので4日を追加してもらい250ルピー支払いました。インドの電話事情として、ネットワークが不安定はあったけれど、データは1日0.5Gずつ使えてこの金額なのはとても助かりました。学校・寮のWi-Fiがほとんど使えなかったので、購入してよかったです。

1か月のヨガ留学でかかった費用は?

以上の費用をまとめるとこうなります。

予防接種 41,000円
旅行保険 18,000円
ビザ     2,750円
移動費   79,143円
受講料   199,100円
準備物     18,000円
宿泊費       9,850円
滞在費(飲食、観光、お土産、その他) 53,108円

合計 420,951円

予算がなければ予防接種を受けない、旅行保険をクレジットカード付帯のものだけにする、観光やお土産をあきらめる、学校や飛行機をもっと早く予約する、などして30万円くらいに押さえられたかもしれません。
逆に代理店を通していたら、50万円を超えていました。
どこを楽したいか、安心したいか、で予算はかわってくると思います。
学校と英語のメールでやりとりするのが嫌であれば、代理店を通すのもアリだと思います。

ちなみに、日本でRYT200のコースを受講しようとしたら、43万円くらいかかるところが多いです。
1か月のヨガ留学は生活費も含めて42万円だったので、日本で受講するよりも割安といえるでしょう。
インドでの生活はハードな部分もありますが、慣れ親しんだ環境から離れて集中して、そして低予算でRYT200を履修したいという人にはおススメです。
スポンサードリンク

この記事へのコメント