旅好きだけど、旅に出るのは気が重い



よく旅にはでるけれど、準備をするのは楽しくない。

時々、旅の行程を組むのが楽しいという人がいるけれど、私は真逆で「行きたい!」と思った後、実際に行くまでは気が重たいことが多い。



一番苦手なのは、移動のチケット購入。
時間、価格、移動ルートなど考慮すべきことが多すぎる。

しかも、飛行機は購入が遅れるとどんどん値段があがっていく気がして怖い。
安いプランで申し込むと変更もできないので、後戻りできない感じが嫌で嫌で仕方がない。

クレジットカード情報を入力して、決済のボタンを押すまで、名前やパスポート番号を間違えていないか何度も何度も確認してしまう。
戻ったために、変更した設定が初期設定に戻ってしまい、さらにやり直し。。。

今回のタイ留学に関しても例に違わず、憂鬱な気持からエイヤっ!と勢いで日程を決めて飛行機をとった。
何か間違えたり、プラン変更があったときは、今回のチケットは捨てて買いなおし。
そういう緊張感の下航空券購入は、ほんと辛い。

すでにそれを乗り越えたので、ようやく新しい旅が始まる。



その前にもう一つ憂鬱な時期がある。
それは出発直前。
直前なんてこれから始まる非日常の旅に心ときめかせている人が多いのに、私は出発の3日前くらいから旅に行きたくなくなる。
なぜかって、荷造りがとっても苦手だから。

海外旅行の場合は買い忘れがあったら怖いし、旅先での服装(いかに少量で着回しできるか)決めたり、まぁ何やらこまごまとした作業が多い。そして最後、準備したものを旅行カバンに取り出しやすく詰める作業が私にとってはとっても難易度が高いのだ。

だいたい3日前から荷造りのために泣きだしそうになり、空港につくまでは「出かけたくない!家にいたい」と心の中で叫んでいることが多い。


最終的にはぎゅっと無理やり詰め込んで、いざ旅にでたら楽しいけれど。
予定もぎゅっと詰め込みすぎて、最後の数日は疲れ果ててさっさと帰国したいと思うこともしょっちゅう。

これでも私は旅好きと言っていいのかな?

この記事へのコメント