チェンマイマッサージ留学レポ〜12日目 唐突に始まるテスト〜


スポンサーリンク


基礎コースLevel1の最終日でした。

ひたすらマントラの唱和とストレッチが終わったら朝からひたすら練習、練習、練習!

先生の動きをみて、分かったと思っても、いざ自分でやろうとすると、あれ?どうだったっけ?ということがたくさん。
モデルをしてくれる人の身体によっても微妙に違うので、マスターするのはなかなか大変です。

午後、お昼ご飯を終えて、先生が突然、明日テストをすると言い始めました。

この前までいたクラスメイトはテストなんて一度もなかったって言っていたんですけど…。
明日、私は午後一の飛行機でバンコクに飛ぶんですけど…。

先生に伝えると、じゃぁ今からテストだ!と突然私だけテストが始まりました。

テストって言っても、なるべくテキストをみないでマッサージをするというもので、先生はみているだけ。
採点も何もなく練習となんら変わりないんですけどね。


授業の終了する午後4時まで、ひたすらマッサージを続けました。
モデルをつとめてくれたの方がとてもガタイの良い方だったので、ヘトヘトに。

合格も不合格もなく、講評もなく、時間を迎えて終了。


インドのテストより緩やかだな…。
先週はここで、修了式があったんだけど他のクラスメイトのテストが明日あるため、明日の朝までお預けになりました。

しかしこれにて2週間の基礎コースLevel1,2全過程終了!!

あー楽しかった!!

夜はルームメイトにフットマッサージをしてもらいました。
2週間寝食を共にしてきた彼女は、1か月のコースを履修していて来週まで続くそう。
離れるのがさみしくなるわ。

チェンマイ最後の夜の食事は、近所のレストランでトムヤンクンにしました。
あいかわらず辛いし、香りづけの植物が入ったままで食べれる部分は少なかったのだけれど、これがおいしい。
25CB336B-C9BC-4D85-8B73-CF49E8E98067.jpeg
スポンサードリンク

この記事へのコメント