インドから帰国して体調を崩すも、保健所の対応が全然役に立たなかった



新型コロナウイルスが全国的に広まってきました。
保健所の対応の遅れがとても気になります。もちろん、現場の職員さんは頑張っていらっしゃるんでしょうけど。


インドから帰国時、体調を崩したときに保健所に問い合わせをしたことがありました。
その時の保健所の対応が、あまりにも・・・だったもんで、この一大事のときでも似たような対応をとられている人が多いんだろうなと想像しています。

私が体調を崩し始めたのは、インドから帰国する飛行機の中。
頭痛や吐き気がします。これは何かかかっているなという感じがありました。
しかし日本への入国時、検閲ブースでのサーモグラフィを華麗に突破。

何か病気になっていたらこのまま入国するのはまずいだろうと、近くにいた職員に相談するも、


熱があるわけではないので大丈夫だろう。
ただ、今後病院にいくのであれば、事前に病院と保健所に相談するように。

とのこと。
時間がたつごとに気分が悪くなり、ついに嘔吐。食事もとれないので近所の胃腸科にひとまず電話をしました。

病院「保健所の指示を受けて、直接病院に来てよいとのことであれば来院ください」

だよね~と思いつつ今度は保健所に電話。

保健所「診てもらわないとわからないので病院にいってください」

保健所の指示のこの雑さ。
そりゃ診てもらわないことには何の病気かもわからないけどさ、もう少し専門的な指示ができたのではないでしょうか。
あとでわかったのですが、海外からの帰国者の場合、そこで流行っている感染症などがないか注意するために保健所の指示を仰ぐらしいです。

それなら、「インドで特に流行っている病気はないのでまずは通常の外来として病院にいってください」とかそんな言い方になると思うのですが、保健所の担当者はなんで電話をしてきたのかわからない、といった調子の回答でした。

体調の悪い中、何度も電話をかけるのすらしんどいのに、無駄なやりとりにどうして貴重な体力を使いたくはありませんでした。

がんばって病院に行き、点滴を打ってもらいなんとか回復。
検査の結果、感染症の胃腸炎だったようです。
インド滞在の最後に調子にのって、ずっと避けていた屋台や衛生状況の怪しいお店での食事をとってしまったのが原因だと思われます。

IMG_20190709_190102.jpg

小さいお店で食べたカレーか


ラッシーか。


おいしいおいしいといって食べていたトマトスープとMOMOか。

この時はものすごくおいしいと感じていたけど、気分が悪くなったのちに思い出すと吐き気がしてしまいます。


今回の新型コロナウイルスでの保健所の対応をみていると、この時の保健所の対応が思い出されてやるせない気持ちになります。
平常時からこんな対応じゃ、緊急時にまともに機能するとは想像しがたいです。

この記事へのコメント