メリットたくさん!俳優さんは確定申告をしませんか





会社を退職したので、数年ぶりに確定申告をしてきた。

気づけばフリーランスのような形で舞台制作業を営むようになって初めての確定申告。
私にとってもこのサイトがとっても役に立ったよ~。

役者・劇団員のフリーランスの確定申告書作成サイト
https://tax-actor.masaaki-kaneko.com/

今年は確定申告をしないという方も、俳優・劇団員の方は今後のためにぜひ一読して欲しいサイトだよ。

この記事は

・俳優だけど、主にアルバイトで生計をたてている
・俳優での収入はあんまり多くない
・年金や、健康保険の支払いが苦しい

という人を対象に、確定申告のメリットをざっくりと書いているよ。

確定申告とは

毎年2/16~3/15(2020年は4/16)の間に、昨年1/1~12/31の所得を税務署にお知らせする作業だよ。

確定申告をすると
・給料や報酬から天引きされた税金が返ってくるかもしれないよ。
・来年度の税金や健康保険料が安くなるかもしれないよ。

俳優の確定申告のメリット

20万円以下の所得は、申告の必要はないとよくいわれるけれど…

・住民税は、20万円以下の所得でも利益がでていたら申告がいるよ(確定申告をしていたら、住民税の申告も同時にしたことになる)。
・俳優の場合は、自前の衣装や小道具、稽古場までの交通費が経費に計上できるよ。
 俳優が本業で、収入から交通費など経費を差し引いてみる→赤字の場合は、給与所得(アルバイト代など)と事業所得(俳優)の赤字を合算して申告できるよ。

すると、
 →アルバイト代から天引きされた税金が返ってくるかもよ。
 →次年度の税金が安くなるかもよ。
 →国民年金の猶予や減免の申告ができるかもよ。
 →国民健康保険の軽減制度(安くなる制度)を利用できるかもよ。確定申告をしておかないと、この制度は利用できないよ。

まだ間に合う!2020年の申告締切は4/16

例年は3/15が締切だけど、今年は、新型コロナウイルスの影響で4/16まで延長されたよ。
まだ間に合うから、最初にお知らせしたサイトを読んでみてね。


*4/9追記*
締切は4/16となっていましたが、外出自粛などの理由により申告が困難な場合は、締め切り日以降も柔軟に申告の受付をしてくれるそうだよ。

領収書がなくてもあきらめないで

申告のための領収書やレシートがなくて、何にいくら使ったかわからないという場合もあきらめないで。
クレカの利用明細やICカードの利用履歴が使える場合があるよ。

今年の申告ができなくても来年に備えよう

かかった経費の記録が残ってなくて今年の申告ができなくても、来年は申告できるよう今年の分は領収書を保管したり、記録をつけるようにしよう!
ちなみに、確定申告は過去5年分までさかのぼって申告することができるよ。

難しそうでもできないことはない

確定申告も、PCを使うと案外簡単だよ。スマホからも申告できるよ。

何の数字を入れればよいかわからないという人は、

作成開始→印刷して提出→所得税→左のボタン選択がお分かりにならない方

からYES NOを応えておこなうのが楽。
それでも不安な人は、待ち時間がかかること覚悟で確定申告コーナーに行って、担当者に直接聞くのもアリ。収支計算書や、源泉徴収票などは忘れずに持っていってね。



ここまでざっくり書いたけど、いざ申告しようとして、途中でつまづくことはきっとある!
そんなときは、国税庁のHPやgoogle先生に聞いてみてね。確定申告については、たくさんの先達がいるので、きっと疑問を解決してくれる。

そして頑張って申告して税金が返ってきたら、その分バイトを減らして芝居の稽古やトレーニングの時間にあてたり、芝居をみたり、学ぶためのお金にあてれるよ。初めてだとハードルが高いかもしれないけど、勉強してみて損はないよ。

頑張って!GOOD LUCK!

この記事へのコメント