女性の化粧はマナー? 1日あたりの顔面経費(メイク代)を計算してみた



先日、ファンデーションとベースカラーを買い替えた。
化粧品は必需品と思っていたけれど、プチプラコスメでも案外安くない。

なぜメイクをするかというと、自分のためというのもあるけれど、始めたきっかけは仕事のためだし、今でも大半は仕事のときにしている。

なんでこんなにお金をつかっているのだろうという気になり、1日あたりの顔面経費(メイク代)を計算してみた。

1日当たりのメイク代(プチプラコスメの場合)


計算の仕方
ドラッグストアなどでの購入金額の単価×年間の使用数を計算。

化粧水 ¥110 ×2 =¥220
乳液 ¥110 ×1 =¥110
メイク落とし ¥400 ×3 =¥1,200
ベースカラー ¥1,300 ×2 =¥2,600
ファンデーション¥420 ×2 =¥840
パフ ¥110 ×1 =¥110
アイライナー ¥1,100 ×1 =¥1,100
アイカラー ¥1,300 ×1 =¥1,300
アイブロウ ¥100 ×1 =¥100
チーク ¥650 ×1 =¥650
ハイライト ¥750 ×1 =¥750
リップ ¥110 ×2 =¥220

年間のメイク代の合計は、¥9,200!

これはプチプラコスメを使っている現在の金額。
1日あたり¥25。

人によっては安いと感じる金額かもしれないけど、私は全然お金をかけていないつもりだったので、高い印象。
ダイソーを多用しているからね。

1日当たりのメイク代(一般的なコスメの場合)

ちなみにプチプラコスメに移行する前の、一般的な化粧品でも計算してみた。

化粧水 ¥5,500 ×1 =¥5,500
乳液 ¥5,500 ×1 =¥5,500
メイク落とし ¥400 ×3 =¥1,200
ベースカラー ¥2,300 ×2 =¥4,600
ファンデーション¥4,300 ×2 =¥8,600
パフ ¥110 ×1 =¥110
アイライナー ¥1,100 ×1 =¥1,100
アイカラー ¥2,500 ×2 =¥5,000
アイブロウ ¥650 ×1 =¥650
チーク ¥650 ×1 =¥650
ハイライト ¥750 ×1 =¥750
リップ ¥2,000 ×2 =¥4,000
マスカラ ¥4,600 ×2 =¥9,200

年間のメイク代の合計は、¥46,860

高っ!たっか!!
私が以前住んでいたアパートに家賃1か月分より高い!
新しいスーツだって買えちゃう!

化粧水、乳液、マスカラが金額を釣り上げている感じもするけど、それをさっぴいても高くないか。
人によってはもっと使っているだろうし。
1日あたりだと、¥128。

毎日コンビニコーヒー1杯飲んで今日も頑張ろうと気合いれるだけの時間とお金分くらいは化粧に使っている計算になる。
それでもお釣りがくるくらい!

なぜ化粧をするのか

私はそもそも学生の時はほとんど化粧をしていなくて、毎日化粧をするようになったのは、社会人になってから。
就活やマナーブックなどで、女性は働くときに化粧するのがマナー、と言われていたから。

ただし私はそんなに濃いメイクをしない上、勤務終わりにはその化粧も自然と落ちていたので、ほぼすっぴんと間違われることも頻繁にあった(笑


お休みの日は、出かける場所や会う人によって化粧はしたりしなかったり。
化粧をするのは自分のテンションをあげるため。
なんとなく、すっぴんでも外出できる気持ちを持っていたいなというように考えていた。なので、化粧をせずに出かけることもあった。

仕事を除けば、それがナチュラルな状態。


それでも仕事では、徐々に「化粧してくる余裕がない~」といってすっぴんで職場に来る人を、マナーのなってない人だななどと思うようになっていた。


一方で、すっぴんだと失礼だ、というマナーにも「女性だけありのままの顔を認めず、そんなことを言うなんて失礼だ」という気持ちは以前からずっとあった。

そして最近。

「#KuToo」運動をみていたり、坊主にしてみたりするうちに、女性だけ仕事で化粧を求める/求められることに疑問を抱くようになった。

単価計算してみたら、想像以上に高いし。

働くためにここまでしなくちゃいけないかな?
化粧品なんて、消耗品だよ。

印象を変えられるメイクは面白い。それを好きでする分には良いと思う。

でも、仕事上でのメイクって本当に必要?
「女性は仕事で化粧をするのがマナーという幻想」からそろそろ逃れたい。

この記事へのコメント