演劇好きが自宅からオンライン観劇をしてみたら



自宅待機が始まって1か月。
毎週のように観劇にいっていた時期もあったのに、この一度も1か月劇場で芝居をみていません。
せめても、と思い劇団や劇場が配信してくれる動画を視聴する日々の中、気づいたことをまとめてみました。
劇場では2時間、椅子に座ってじっとしていられるのですが、画面の前で集中してみることができません。
途中でお茶を入れに行ってみたり、トイレに行きたくなったり、劇場と比べて圧倒的に集中力に欠けます。
人によると思うのですが、映画の場合でも家でみるとあんまり集中できないタイプなので、一度に最後まで見終えることがあまりありません。

音声大事

音声が聞こえづらい動画だと、ストーリーがなかなかつかめません。
視聴環境もあるでしょうが、14.5インチPC、スマホで視聴する環境では、映像よりも、音声が大事。
寄った映像などがあると見やすいけれど、映像が見えにいことよりも音が聞こえないほうが難しいようです。
でも、もともと公開予定でないものが公開されているケースもあるでしょうし、公開してくださるだけでありがたいです。

 

コメント機能が楽しい

コメントが投稿できるタイプの動画だと、たくさんの人たちとみている気分になって楽しいです。
劇場のお客さんが少ないときよりも多いときのほうが、周りのお客さんの反応との相乗効果でより芝居が楽しく感じる感覚に似ている気がします。

劇場まで徒歩0秒!知った瞬間すぐ観劇

配信の情報を、当日配信中のSNSで知ることが多いです。
わー!観なくちゃ!!とアプリを開いて、劇場まで徒歩0秒!

生配信だと、そうしていろいろな予定がずれていきます(家にいるだけなのでなんの支障もないけど)。
アーカイブがあると嬉しいけれど、つい安心して見逃しそうになることもしばしば(笑

部屋を自分好みの劇場空間に

劇場とは違った楽しみ方ができるのが良いです。飲食できないケースが多いお芝居も、オンラインならお酒片手にみることだって大丈夫。
夜ならば照明も少し暗めにして、自室を自分の好きな劇場に作り上げる楽しみがあります。

ラジオドラマorミュージカルが一番しっくりくる

モニター前にじっとしていられない&音声重視をしてみると相性が良いのは映像はシンプルなラジオドラマに近いものや、ミュージカルが、私の場合は受け取りやすいようです。
映像はあまり重視していないのですが、ミュージカルだと演出も派手なので、ストレートプレイよりもわかりやすいと感じました。



時間が経つにつれ、配信の傾向も少しずつ変わってきた気がします。
舞台映像の配信が多かった初期に比べて、最近はzoom等を利用したリモートリアルタイム配信も増えてきました。
耐えることの多い時期ですが、芝居の楽しみ方の幅がどんな風に広がるか楽しみです。

(続き)演劇好きが3か月間オンライン観劇をして感じたこと http://soreike-ooo.seesaa.net/article/475282367.html

この記事へのコメント