ラックスマン・ジュラ橋が混雑しすぎて渡れない

散歩を終えて、学校に戻ろうとした日曜の夕方。ガンジス川を渡るためのラックスマン・ジュラ橋が混雑しすぎて渡れない。ラックスマン・ジュラ橋が混雑過ぎてなかなか渡れない 昼間に通ったときも、人は多く、バイクは通るし、有名な橋なのか記念撮影をしている人もいる。幅1.5mのカオス。 昼間でも十分すごいのに夕方は、昼間のそれと比較にならないレベルの混雑。 わずか200mを渡るのに20分かかった。

続きを読む

ガンジス川を眺めていたら、どんぶらこっこと人が流れてくる(動画あり)

到着初日。学校が始まるまで2日あるので買い出しをしてゆっくり休む。 学校はガンジス川のすぐ近く。部屋からも川が望める。川辺てゆっくりとガンジス川を眺めていたら、人がたくさん流れてくる。 ガンジス川を眺めていたら、人がたくさん流れてくる その1 ガンジス川って、神聖なイメージだったけど、夏のビーチみたいなノリ。道路は騒がしいし、沐浴っていうより水遊びだし、カヌーやボートがたくさんいるし、洗濯…

続きを読む

シュリー・トラーヤンバクシュワール寺院にいってきた

シュリー・トラーヤンバクシュワール寺院(Trayambakeshwar Temple)に行ってきた。靴を預けて入るのだけど、日差しの強い6月上旬。靴下がないと熱くて歩けない。仏像と土産物が並んで変な感じ。途中、猿が毛づくろいをして道が塞がれた。猿のノミ取り Trayambakeshwar 寺院で猿が行く手をふさぐ しばらくどうする?どうする?と話しながらみんな立ち止まっていたけど、一人の果敢…

続きを読む

飲んでしまったインドの水

インドに行くと言うと90%の人から 「水には気を付けてね」「ペットボトルの水を飲むんよ」 と言われたにも関わらず。 ついて3分で飲んでしまったインドの水。 ヨガ学校の手続きで、出された水をついうっかり。ゴクリと一口。 やっちまったと気づいて、それでも喉の渇きに耐えられずもう二口。 なんにも気を付けていなかった自分があほさに笑う。 水の出どころは、食堂の水。水道水ではなさそうだけど……

続きを読む

インドの車窓から(動画あり)

デヘラドゥーン空港到着!ヨガ学校に頼んでおいたタクシー(20米ドル)に乗り込み、リシケシの街へ出発! 普通の道でも80キロくらい平気で飛ばす。万一に備えてシートベルトを締めようとする、も座席のマットの下に隠れて使えない。せめてもと、シートベルトに片腕を通して事故が起きても吹っ飛ばされないようにする。 インドの車窓から〜雑木林編〜 タクシー車内に流れる、いかにもインドなBGM。よく見ると、ぞ…

続きを読む

インドで国内線移動。Air Indiaに乗ってみた。

デリーからデヘラドゥーン空港へ。ネットの口コミを見て心配していたAir Indiaの飛行機。まぁ値段相応のサービスだけど、短時間だし全く問題なかった。狭いし、揺れるけど、このサイズだし国内線ね。ただ、デリーの場合、チェックインは国内線でもかなり早めについておいたほうが良さそう。空港が大きくてターミナル内の移動にかなりの時間がかかる。 デヘラドゥーン空港は、デリーと打って変わってとっても小さな空…

続きを読む

インド到着!デリー空港は広くてきれい

インド到着!デリーの空港はとても大きい。 深夜の時間帯は一歩外に出ると必ずぼったくりタクシーにつかまり、変な観光案内所に連れて行かれるというので、国内線の乗り換えの時間まで一歩も出ない。 ここで寝る!くらいのつもり。 外は眺めるだけ。未明でも結構な人がいる。 空港内は、航空券を持った人か、お金を払った人でないとはいれず、結構安全らしい。 広くて人も多くて安心でした。ライフルを持った警備…

続きを読む

上海東方航空の機内食

福岡→上海テレビモニターはなかったので、地球の歩き方を読んで時間を過ごす。上海→デリーチキン、フィッシュ、ベジタブル(だったと思う)から選べた。私はチキンで。こちらは長時間フライトでモニターがあったので「空のレストラン」をみる。人間が生きるとはなんぞや。と上空で思いつつ泣く。 福岡から、上海へ。画一的なアパートのような一群が並んでると、中国だなと思う。上空からみても建物に国柄が出るのが面白…

続きを読む

最後のトイレ

上海からデリーへ。搭乗口には、ターバンを巻いた人、サリーをきた人がちらほら。日本とは違う石鹸や香水の香りが漂う。 すでにここは半分インド。 そして搭乗口で名残惜しいトイレとの別れ。さよなら、水洗トイレ。さよなら、トイレットペーパー。明日からは左手でお尻を洗う国に行ってきます。うまく馴染めるかしら。

続きを読む

上海でのトランジットは暇つぶし道具必須

上海で6時間のトランジット。乗り換えとわかるように、上海についたら胸元につけるよう言われたシール。つけたくなくて、あばら骨あたりにはる。とりあえず、腹ごしらえ。ボトルコーヒー。韓国、明洞の空港は、無料のシャワーや横になって眠れる休憩スペース、ゲーム、ワークショップがあって快適&遊べたけど、ここは暇つぶしの場所もなく。(調べたらビジネスクラスやファーストクラス向けのシャワールームはあるみた…

続きを読む

スポンサードリンク